18年07月19日 | | 弁護士に依頼する はコメントを受け付けていません。

B型肝炎の給付金の訴訟については弁護士に依頼することをおすすめします。訴訟は個人ですることも可能です。弁護士に頼むとお金がかかってしまうため、できれば避けたいという方がいるかもしれません。しかし、訴訟は素人にはなかなか難しいことです。(関連HP…B型肝炎:弁護士法人アディーレ

弁護士また、B型肝炎の訴訟の場合はいろいろな資料を集めなければいけません。自分が感染したB型肝炎が国の責任によるものであると証明しなければいけないからです。そのような資料を集めるためには、たとえば医療機関に問い合わせをしなければいけないこともあります。時間がかかってしまうのです。資料を集めても、それが必要十分なものなのかを確認しなければいけません。そして、実際に訴訟のための手続きをすることになります。裁判所にも足を運ばなければいけないでしょう。

このようにB型肝炎の訴訟ではやるべきことがたくさんあります。専門的な知識も要求されるでしょう。医学的な知識も必要となります。また、きちんと条件を満たしていることを証明できなければ、給付金を受け取ることができなくなってしまいます。そのため、弁護士に依頼をすることをおすすめするのです。弁護士であれば必要な書類を集めて、自分が給付金を受け取れるかどうかをしっかりと判断してくれるでしょう。代理人として行動してくれます。


18年07月15日 | | 請求期間がある はコメントを受け付けていません。

B型肝炎の感染が国の原因によって引き起こされたものであれば、給付金を請求することができます。ただし、これには請求期間があるため注意しなければいけません。期限を過ぎてしまうと請求することが不可能になってしまうからです。

請求期限請求期限はB型肝炎の特措法が制定されてから5年とされていました。そのため当初の期限は平成29年の1月12日でした。ただし、この法律が改正されたため、現在では平成34年の1月12日までに延長されています。

そもそも、今のところ被害者の数は45万人と推計されているのに、実際に提訴した人の数は数万人程度に留まっています。大部分の方は訴訟をしていないのです。そもそも、このような法律が制定されたことに気がついていなかったり、自分が国の不手際でB型肝炎に感染してしまったのだと知らないという方もいます。

そのため、国は積極的にB型肝炎の給付金について周知を図ろうとしています。その結果として、たとえばポスターを見かけたことのある方もいるでしょう。期限までにはまだ時間があるのですが、訴訟はすぐにできることではありません。早めに準備をして、しっかりと給付金を受け取りましょう。そうすれば、この問題について解決を図ることができます。

次ページ…弁護士に依頼する


18年07月13日 | | B型肝炎の給付金 はコメントを受け付けていません。

B型肝炎の患者は日本にたくさんいます。その理由の1つとして集団感染があります。B型肝炎というのは血液感染する病気なのです。そして、昔は子供が集団予防接種を受ける際には注射器の使い回しが行われていたという事実があります。これによって感染者が広まってしまったのです。今ではこのようなことはもちろん行われていないのですが、昔は国がきちんと管理をしていなかったために集団感染を防ぐことができませんでした。したがって、国の不手際によってB型肝炎になってしまった方はたくさんいるのです。

給付金B型肝炎の患者は国を相手にして集団訴訟をしました。この結果として和解が成立しました。国はB型肝炎の患者に対して給付金を支給することに決めたのです。給付金を請求できるような法律が制定されました。そのため、条件を満たしているならば、国から給付金をそれぞれの状況に合わせて額を受け取れます。ただし、そのためには国を相手にして訴訟をしなければいけません。ただし、形式的なもののため、条件さえ満たしていればスムーズにお金を受け取れるでしょう。

このようなB型肝炎の給付金については請求期限が存在しているため注意しなくてはいけません。期限が過ぎてしまうとたとえ条件を満たしていてもお金を受けとることができないのです。こちらではB型肝炎の給付金請求について、どのような期限が定められているのか教えましょう。このことを知っておくことで、給付金の請求を忘れずに行えます。

次ページ…請求期間がある